築26年の賃貸マンションに住んでいます。今度外壁を塗り替えるような

築26年の賃貸マンションに住んでいます。今度外壁を塗り替えるようなのですが、その間、洗濯物を干せない、ベランダも塗り替えるので、エアコンの使用も一定期間できないと言われました。日常生 活が制限されとても苦痛です。
こういう場合、オーナーさんに賃料を少し下げてもらうなどできるのでしょうか。



正直言って賃料を下げることないと思います。
自分も新築から入居し昨年築21年目に外壁補修工事とベランダ等防水・塗装工事を4か月程経験しました。
エアコンの利用制限はありませんでしたが、外へ洗濯物を干すことはできませんでしたが、このことで家賃値下げ交渉はなかったし、しませんでした。
不動産屋に言っても家賃の減額は無理とのこと。
(当然のことと分かっていたので全然気にしてませんでした。)
と、いうより賃貸・分譲問わずマンションのような建物は、長期修繕計画というのを事前に作成されており、数年に一度塗装やエレベータなどの点検整備、10~20年に一度補修工事・改修工事というのを実施する決まりになってます。
偶々、質問者さんが今回その補修・改修工事の期間に当たっただけですので、少し辛抱するしかないですね。
ダメもとで減額交渉してみても、上記のような背景があるということは心しておいてください。
◆回答をいただきましてありがとうございました。やはり無理ですよね。辛抱します
◆外壁塗装は高額出費ですので、家賃を上げられることがあります。
できるだけ工事に協力する方がいいと思います。
今のタイミングでオーナーさんに賃料の値下げを言うと逆に値上げされるかも知れませんね。
◆交渉は自由です。
争えば、賃料減額は認められるかもしれません。
ただ、賃貸物件である以上、築年数から当然
そのような大規模修繕が行われると予想はできますし、
必要な貸主の保全行為に協力する義務が借主には
あります。よって、受忍義務範囲内と思います。
◆交渉してみたら?


コメント